気になる勃起力
 

ED治療薬

現在、日本で使用が認めれているED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類の薬です。

バイアグラは経口タイプでは最も古い治療薬であり、1990年代に狭心症の薬として開発されたが被験者から勃起を促進する作用があるという声が上がり、1998年にアメリカのファイザー社でED治療薬として販売が開始されました。

そしてその後に販売が開始されたのがレビトラという治療薬です。

レビトラは2003年にドイツのバイエル社から発売され、2004年に正式に日本で認可された治療薬です。

レビトラはバイアグラの欠点を補うように作られているので、強化版バイアグラとも言われることがあります。

その特徴として、服用時に食事の制限を受けないやバイアグラよりも早くかつ長く効果がでるようになりました。

シアリスはアメリカのLilly ICOS社によって2003年に発売され、日本では2007年に厚生労働省により認可され製造・販売されたまだ新しいED治療薬です。

バイアグラやレビトラとは違ったコンセプトで作られ、副作用も少なく最長で36時間効果が持続するという特徴を持つED治療薬です。

このように、現在ではED治療に関して優れた薬が揃っています。

そのため、今ではほとんどのEDが治すことができる病気として認識されるようになりました。