気になる勃起力
 

ED治療と勃起不全

EDという言葉はご存知だと思います。

EDとは勃起不全、勃起障害などの症状を指します。性機能障害とは異なります。

EDとは性交時に有効な勃起が得られないために満足な性交ができない状態のことを言い、
精力の衰えはEDとは異なります。

現在、日本において、このEDで悩んでいる患者の数は推定で1,200万人以上とも言われており、
今やED(勃起不全)は国民的な病気とも言える状況になっています。

EDは昔からある疾患なのですが、現代のようにストレスの多い時代では、
右肩上がりにEDを始めとする様々な心身症を生み出しています。

勃起の仕組みとは何らかの性的刺激を受けたり性的興奮状態になると、
大脳からその性的刺激が命令となって、脊髄を通って腰椎付近にある勃起神経まで届きます。

この末端神経から、一酸化炭素が出ることによって、細胞内のサイクリックGMPという
メッセンジャー物質を増やします。

このサイクリックGMPが増えると、筋肉が緩んで結果的に海綿体平滑筋が緩み、
陰茎動脈に大量に血流が流れ込んで、勃起という現象を起こします。

EDの男性は勃起に大いに関与するサイクリックGMPに問題があると言われています。

このサイクリックGMPのの分泌が少ないため、ペニスへの血流が悪かったり、
もしくはサイクリックGMPを破壊する酵素の分泌が多いために、勃起を持続できないのです。

バイアグラなどのED治療薬はこのサイクリックGMPを可能な限り引き出す働きをするのです。

ED治療薬はバイアグラだけでなく他にも開発されています。
それぞれに特性があるのでレビューを参考にED治療薬を選ぶ事をオススメします。