気になる勃起力
 

EDの原因

EDのその原因によって大きく分けて4つのタイプがあるとされています。

50歳以上に多い、血管や神経の障害で起こるED(器質性ED)。
30歳代、40歳代に多い、精神的ストレスで起こるED(心因性ED)。
50歳代、60歳代に多い、血管や神経の障害と精神的ストレスが混合したED(混合型ED)。
ある薬剤で起こるED(薬剤性ED)。

加齢にともなうもの、特に動脈硬化(血管が固くなる症状)が原因であると言われているのが器質性EDです。

動脈硬化になると血管が十分に広がらないばかりか、血液の循環が悪くなるため陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まずにEDが起こりやすくなります。

精神的なストレスがあると神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。

このEDを心因性EDと言って、原因はさまざまあるとされています。

仕事や夫婦関係、性交がたまたまうまくいなかったことによるトラウマなどが主に挙げられます。

このタイプのEDは「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなりEDを悪化させることもしばしばあるとされています。

EDの現状を見るとストレスだけが原因か動脈硬化の進行や神経に障害があるだけが原因ということは少なく、どちらの要素も合わさった混合型が多いと考えらえています。